シモクレン

  • シモクレン
  • シモクレン
分類
モクレン科 モクレン属 落葉広葉樹
特徴
花がきれい

解説

4~5月、葉の出る前から長い間花が咲き続けるため、よく目立ちます。
花の形と赤紫の色が高貴な雰囲気をつくることから原産地の中国では、昔は宮廷の庭園木として珍重されたと言われています。
飛鳥・天平時代に僧侶の着る衣が、木蘭(もくれん)染めといい、古くから日本に渡来したことが知られますが、名前の由来は漢名の木蘭(もくれん)をそのままつかった。
上品な強い芳香を放つことから、香水の材料としても使われます。
モクレンは地球上で最古の花木といわれており、1億年以上も前からすでに今のような姿であったといわれています。