ハナミズキ

  • ハナミズキ
  • ハナミズキ
分類
ミズキ科 ミズキ属 落葉広葉樹
特徴
花がきれい

解説

4月下旬から5月上旬、枝いっぱいにかわいらしい花を咲かせます。花びらは正確には苞(ほう)と呼ばれる葉っぱで、花の本体はその中心に丸く集まった部分にあります。花色は白が基本で、他にピンク、紅色があります。
花後には光沢のある楕円形の小さな実を付けて秋に赤く熟し、ツグミが樹の実や昆虫を食べに飛来します。
ハナミズキの名前は、ミズキの仲間で花が目立つことが由来します。
1912年、当時の東京市がアメリカにサクラを贈り、その返礼として1915年にアメリカから白花種が寄贈されたのが、はじめとされています。