ヒマラヤスギ

  • ヒマラヤスギ
  • ヒマラヤスギ
分類
マツ科 ヒマラヤスギ属 常緑針葉樹
特徴
大きくなる木

解説

初めは淡緑色、後に熟すと茶色くキツネのしっぽのような花が秋になると咲きます。
名前はそのまま「ヒマラヤのスギ」という意味ですが、スギではなくマツの仲間。
樹木は世界三大造園木として知られており、公園木や庭園木、街路樹に利用されています。
落ちた松ぼっくりは、バラの花のように美しい形をしているので、ドライフラワーとして利用されています。