ラカンマキ

  • ラカンマキ
  • ラカンマキ
分類
マキ科 マキ属 常緑針葉樹

解説

ラカンマキは中国原産で、イヌマキの変種です。全体に小型で、葉の長さは4~8cmと、長さ・幅ともにイヌマキの半分ほど。花は5月頃から咲き始め、マツ類とよく似た形をしています。ラカンマキの果実はイヌマキとそっくりで、イヌマキと同様に食べられます。実の形が僧侶になる前の羅漢に似るところから名が付いたといわれています。