モッコク

  • モッコク
  • モッコク
分類
モッコク科 モッコク属 常緑広葉樹
特徴
江戸五木の一つ

解説

7月頃になると淡いクリーム色の花をうつむきかげんに咲かせます。
花後には球形の果実ができ、秋に赤く色づきます。
堅く美しい赤褐色をおびる材を床柱のような建材、クシなどの木工品の素材として用いています。また、樹皮は繊維(せんい)を褐色に染める染料としても利用されます。
葉が美しく樹形が整うため、立派な日本庭園でモッコクをみかけることも多く、モチノキ、モクセイ類とともに庭木三名木、または庭木の3Mなどといわれるほどです。