ヤマモモ

  • ヤマモモ
  • ヤマモモ
分類
ヤマモモ科 ヤマモモ属 常緑広葉樹

解説

春になると、数珠つなぎに小さな桃色の目立たない花を付けます。
6月頃には黒赤色の表面に粒状突起のある丸い果実が実ります。生で食べられる他に、ジャムや果実酒として利用できます。
山に生えており、モモのような果実をつけることからヤマモモという和名がついたとされています。別名として楊梅(ようばい)、山桜桃、火実などがあり、古代から和歌などにも詠まれます。