キョウチクトウ

  • キョウチクトウ
  • キョウチクトウ
分類
キョウチクトウ科 キョウチクトウ属 常緑広葉樹

解説

6~9月にかけて、花が樹冠全体を覆うように咲きます。
キョウチクトウは葉、茎、根、花、種子などすべてが有毒で複数の有毒成分を含んでいます。
非常に公害に強く、原爆が落ちた後に最初に花を咲かせたのがキョウチクトウであることから、復興のシンボルとされました。
和名は、葉がタケに似ていること、花がモモに似ていることから。
夏の代表的な花木の一つです。アサキマダラという蝶が飛来します。